雑記

【最強の習慣です】朝活をして残業が減った話をします

こんにちは!スミヨシと申します!

私は最短最速でFIRE

(Financial Independence Retire Early=経済的自由)を目指し、

日々の活動の記録と、情報発信をしています。

先日こんなツイートをしました。

会社員が時間を生み出すのに
✔朝活

ってとても有効な方法だと思う
朝は
・頭がスッキリしている(思考能力が高い)
・通勤がスムーズ
・集中できる(外乱が少ない)

など、
メリットが多すぎる
最初は身体が慣れなかったが、
慣れてしまうと
これ程裕子な習慣はない

今回の記事では

✔朝活動するのって効率上がると聞くけど本当?

✔残業から抜け出したいけど、朝活は有効なの?

✔朝苦手だから自分には無理なのかな?

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

✔朝活のメリットとデメリット

✔朝活で残業時間が減る理由

✔朝活を身体に馴染ませる方法

この記事を書いている私はFIRE(経済的自由)を目指し、

ブログ、本、動画からノウハウを圧倒的にインプットし、

取り入れられる情報は取り入れて、ベースの知識は構築されていると

自負しています。

ただし行動(アウトプット)に移してからのノウハウや情報、感じることは

“目指している者”にしか発信できないと思っています。

FIREの過程で、

今より”可処分時間を生む”ことが必達になりました。

その中で朝活が有効だという事を聞き、実践してみました。

仕事の効率UPやミスの低減、効率的な働き方により

残業時間が大幅75%も削減することに成功しました。

もちろん残業時間を減らそうと意識したことも

要因だと思いますが、

その中で朝活というのは重要な習慣であったことは

身をもって感じています。

なぜ朝活が

残業時間の削減に有効なのかを具体的に紹介していきます。

朝活のメリット・デメリット

何事にも「メリット」「デメリット」が存在します。

メリット&デメリットは

「実現できそうだな」

「自分には合わなそうだからやめようかな」

こういった判断に役立つ情報としてとらえて頂きたいです。

メリットその①:通勤時間の削減

人が多い時間は、その分通勤にも時間が掛かります。

これは

  • 電車通勤
  • 自動車通勤

のどちらにでも当てはまります。

私の場合は、朝活した時としてない時で

最大1時間は通勤時間が変わってきます。

さらに通勤時間の削減はストレスを減らすことにも

繋がります。

  • 満員電車での通勤
  • 渋滞にはまりながら通勤

これらの通勤では会社に着いた時には

身体はすでに疲れを感じています。

朝活は

早く会社に着く&ストレス低減という効果を生み出します。

メリットその②:頭がスッキリしている(思考能力が高い)

これがピンとこない方は、

一度朝の自分と夜の自分を意識してみてください。

明らかに朝の方が良い考えが浮かび、

処理のスピードも速くなることがわかります。

人は1日に判断できる回数は決まっていると言われており、

決定回数が増えるにつれてストレスも増えていき、

その精度も低下していくようです。

判断回数が少ないうちの方が良い仕事ができる

という事がわかります。

メリットその③:外乱が少ない

仕事をしていると、

電話や他人から話しかけられ、

「せっかく集中できていたのに。。。」

と思うことはありませんか?

朝であれば比較的問い合わせや人が少ないので

そのような外乱に邪魔されずに集中して業務が処理できます。

このメリットを知っているので、

私は朝活中はなるべく他の人に話しかけない様に心がけています。

話しかけられた方も、

「集中したくて朝活してるのに。。。」

と思って気分を害してしまう可能性があります。

デメリットその①:慣れるまでは身体がつらい

習慣が身体に馴染むまでに3か月はかかると言われています。

この3か月は朝起きれなかった。。。

とか

起きてても眠い。。。

という状態が続くかもしれません。

睡眠時間を確保するために

夜は早く寝ることも必要になってきます。

デメリットその②:習慣が一気に崩れることがある

仕事をしていると、

「何とか今日中に仕上げなければ」

と、納期に追われてしばしば夜まで残業する

シチュエーションが出てくるかと思います。

その場合、

夜まで残業

寝る時間が遅くなる

朝起きられない

(睡眠不足で効率悪くなり)夜まで残業

という負のスパイラルにハマると

せっかく慣れてきた習慣が一気に崩れ去ることがあります。

朝活をしてる場合、

業務をいかに効率よく処理し、

早く帰宅し睡眠時間を確保するかということが重要になります。

デメリットその③:環境が整っている必要がある

朝活するには、

そもそも会社が朝活を認めていなければなりません。

ご時世的にも自由な働き方が尊重されてきてるので

禁止されている会社も、一度上司に相談してもいいかもしれません。

私の場合は、

そもそも会社で朝活は禁止されていましたが、

長い間訴え続けた甲斐もあって、今では朝活が認められています。

周囲にも

「私も朝活しようかな!」

と言ってくれる人がちらほら増えてきました。

朝活で残業時間が減る理由

これは

朝活のメリットの共通点でもありますが、

圧倒的に

“生産性が上がるから”

です。

  • 通勤時間の削減(&ストレス減少)
  • 頭がスッキリしている(思考能力が高い)
  • 外乱が少ない

こんな状態で業務を続けたら、

明らかに残業が減ると思いませんか?

今まで無駄に通勤に使っていた時間は

自由に使える時間へ変換できていることになります。

重要な業務ほど思考能力が高い

朝活中に処理してしまえば、

みんなが業務し始める頃には重要な仕事は処理しきっている

という場面も多々あります。

そのようにゆとりのある状態で業務に取り組めれば、

おのずと朝活以降の業務もスムーズに処理することができます。

デメリットがあることも十分承知ですが、

それよりもメリットの方が大きいと考えられます。

デメリットも努力と継続を続ければ

そこまで気にならなくなります。

0→1が一番エネルギーを使うためですね。

なので私は

朝活を活用して残業を減らそうという事をオススメしています。

朝活を身体に馴染ませる方法

これは簡単です。

“睡眠時間を確保する”

だけです。

睡眠時間を確保すれば身体にも負荷を与えずに

済みますし、自然と目が覚めるようになってきます。

ここで、

私がスッキリした目覚めにするために

実践している工夫を紹介します。

その①:睡眠時間は7.5、最低でも6時間は確保する

日本人は世界的に見ても極端に睡眠時間が少ないことで

知られています。

睡眠不足だとせっかく早起きしても

眠くて目の前の業務に集中できません。

さらに、睡眠不足は科学的にも

病気になるリスクが上がると証明されています。

必ず7.5hは睡眠時間を確保するという意思のもと、

どうしても確保できない時でも

6hは絶対に確保するという意識でいましょう。

その②:決まった時間に寝る

決まった時間に寝ていると、

そのうち身体が寝るタイミングを覚えてきます。

決まった時間に寝られる=決まった時間に起きられる

という事に繋がります。

朝起きれないという方は、

まずは決まった時間に寝るという事を意識してみましょう。

その③:寝る90分前に湯船に浸かる

人間は

“内部の温度”と”外部の温度”が違います。

「お風呂に浸かると、身体の芯まで温まる」

そんな経験がないでしょうか。

温度が上がった後は、

人間の身体は上がった温度を下げようと大量に熱を放出します。

これで温度がグッと下がった頃が一番眠気がくるようです。

そのグッと温度が下がるタイミングが

湯船に浸かってから90分後です。

近年はシャワーのみの方も多いかと思いますが、

寝る90分前にしっかりと湯船に浸かり、

身体を温めましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

朝の時間と夜の時間では明らかに

生産性

に違いが出ます。

皆さんも思い返せばそんな経験が無いでしょうか。

私も最初は身体が慣れずにしんどい時期もありましたが、

慣れてしまえばこれほど良い習慣は他にはありません!

ぜひ皆さんも朝活に取り組んで

残業を減らしましょう!

この記事が皆様のお役に立てていたら幸いです。