貯める

【バビロンの教え】「より良きところに住め」は固定費UPでは?

こんにちは!スミヨシと申します!

私は最短最速でFIRE

(Financial Independence Retire Early=経済的自由)を目指し、

日々の活動の記録と、情報発信をしています。

先日こんなツイートをしました。

バビロンの教えの
✔より良きところに住め
だけ妙に引っかかっていた

言ってることはわかるのだが、
良いところほど家賃が高くなりがち
なので固定費が上がってしまうんだよな

自分の中で正解がやっと見えてきたので、
ブログに落とし込むかな

今回の記事では

質問タヌキ1

より良きところってどんなところだろう?

質問タヌキ2

良きところ(=家賃高い)に住んだら固定費あがるのでは?

質問タヌキ3

リテラシー高い人はどうやって家を決めるのだろう?

✔より良きところってどんなところだろう?

✔良きところ(=家賃高い)に住んだら固定費あがるのでは?

✔リテラシー高い人はどうやって賃貸を決めるのだろう?

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

✔ここは死守したい!より良きところの3つの基準

✔良きところと家賃の関係性

✔バビロンの教えを守りながら賃貸を決める方法

この記事を書いている私はFIRE(経済的自由)を目指し、

ブログ、本、動画からノウハウを圧倒的にインプットし、

取り入れられる情報は取り入れて、ベースの知識は構築されていると

自負しています。

ただし行動(アウトプット)に移してからのノウハウや情報、感じることは

“目指している者”にしか発信できないと思っています。

既にFIREを達成している人からは聞けない

現場の生の声を発信出来たらよいと考え、

紹介していきます。

FIRE達成には固定費の削減が重要

固定費を抑えれば、

年間で必要な生活費が抑えられ、

FIRE達成のための資金が少なくなる。

ただし、バビロンの教えには

より良きところに住め

との教えが。。。

このギャップについて深堀りします。

ここは死守したい!より良きところの3つの基準

その①:治安

日本であればある程度の治安は保たれています。

しかし、

自分が今住んでいる場所とのギャップ

は必ず発生します。

私が小さい頃育った地域は、

家に鍵を掛けなくても良いくらい

治安の良い地域でした。

しかし、今は都会に出てきたので

鍵を掛けない訳にはいきません。

この様に日本の中でも

治安の良し悪しは発生しますので、

引っ越そうと思っている先の

治安を把握しておくことは重要です。

よく言われるのは、

コンビニでその地域の治安がわかります。

コンビニのトイレで治安がわかる!

誰でも使ってOK→治安が良い

声を掛ければ使ってOK→普通

トイレを貸してない→治安悪い

あと、

絶対に住んではいけない地域は

ゴミがよく落ちている地域

です。

海外の治安はゴミの落ちてる量で判断できることが

多いですが、日本にもそれは当てはまります。

その②:生活インフラ

自分が良く使う施設が周囲にあるか確認しましょう。

  • スーパー
  • コンビニ
  • 薬局
  • バス停
  • ジム
  • 学校、幼稚園、保育園
  • 公園
  • 図書館
  • 飲食店

など、自分が使う施設は人それぞれなので

どこまで妥協できるかをあらかじめ確認しておきましょう。

その③:通勤時間

なるべく会社に近い場所に住みましょう。

いくら家賃が安くても、

  • 通勤に時間が掛かる
  • 通勤に交通費が掛かる

これでは総合的に見て損している可能性があるからです。

下記の様な要素

  • ストレス
  • 時間
  • 交通費

で判断した場合、

少し家賃が高くても会社の近くに住むメリットの方が

大きいかもしれません。

良きところと家賃の関係性

家賃が高い=良きところ

まずはこの考えを捨てなければなりません。

家賃が高ければ高いほど自分の満足度が上がる

というわけではないからです。

いざ奮発して高い家賃の家に住んでも、

「もう少し家賃が下がるなら、もう少し狭い家でもいいかも」

こういった事になることが多いです。

満足度が高い=良きところ

こちらの考えが正しいです。

あとは自分の満足度を上げるために、

どれだけ家賃を払えるかが判断の基準となります。

ただし、

住めば都

ということわざがあるくらいなので、

多少不満があっても案外慣れてしまうので、

少し不満があるくらいが丁度いい物件な事が多いです。

バビロンの教えを守りながら賃貸を決める方法

ポイントは

自分の最低限の満足度は満たす

ことです。

よって、

  • 絶対に譲れない条件
  • あったらいいな条件

をあらかじめ決めておきましょう。

「あったらいいな条件」に関しては

順位をつけておくと、より自分の判断基準が明確になります。

自分の場合、

【絶対に譲れない条件】

・会社から10分以内

・風呂トイレ別

・寝室、仕事部屋、くつろぎ部屋を分けたい

【あったらいいな条件】

1位_浴室乾燥機

2位_追い炊き風呂

3位_エアコン付き

4位_近くにジム

5位_近くに駅

です。

絶対に譲れない条件は守りつつ、

低い家賃であったらいいな条件を満たしてくれる

賃貸を見つけましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

FIREを目指す人にとっては

なるべく費用を落としておきたい

大きな固定費に属する家賃

について解説しました。

ただし、家賃を下げれば下げるほど良いというわけではなく、

自分が満足できるところ(良きところ)に住むことが大切です。

自分の毎日のパフォーマンスにも影響しますし、

何より、お金は使ってこそ意味があります。

皆さんも無理しすぎて

死ぬときに一番金持ちになる

なんてことにならないように

お金を使う力も磨いていきましょう。

この記事が皆様のお役に立てていたら幸いです。